読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

World Chemistry Journal

海外の化学Newsから気になる記事をピックアップ

カナダ 炭素税導入を決定

要約

カナダTrudeau大統領は2018年までに1トンごとに10カナダ$の税を課すことを最終決定した。気候変動と戦うという強い新しい国家ポリシーを公約とした。税金は10$/トンから始まり、毎年増え、2022年に50$/トンとなる。(10カナダ$=約7,6US$)

2005年〜2030年の温室効果ガスの排出30%減の目標を達成できるかもしれない。

大統領は以下のように述べている「過去10年間の行いは取り消すことはできないが、今日、明日、真の誠実な努力をする事ができる。地球と地球とともにあるものの健康を守る。過去の産業世界の中で最も弱い目標に固執していては、カナダは温暖化1.5℃以内に抑えることができない。これはセオリーではない、単なる算数だ。」

反対意見も多数出ているが、「反対しても意味はない」と導入に対して強い気持ちでいる。

www.latimes.com

 

 

感想

 

政策での環境対策はヨーロッパが進んでいると思ってたが、カナダも具体的な対策をうってきた。去年開催したパリの気候変動枠組条約から各国の動きは加速している。それに対して日本といったら石炭発電を国内外に推進して世界から批判モード。高速道路の料金引き下げ。明らかに逆行してて失笑レベル。

古い価値観に囚われて成長成長言ってないで現実に則した持続可能な政治をしてほしい。クリーンエネルギーの拡大も経済対策としていいように感じるんだけど。効率化したとはいえなぜ石炭?

京大生の地熱発電システムとかどんどん採用されるようになってるといいな。そういった環境政策が研究開発のモチベーションをより高めると思う。

 

それにしてもジャスティン・トルドーかっこいい。こんなイケメン大統領が存在していいの?ってレベル笑